音楽好きなエスカルゴ

音楽に関すること、日々感じたことを書いています

米津玄師「LOSER」再び

昨日から、米津さん「LOSER」を1曲リピート。再びハマる時期に突入。

 

最初の音の中に、水の音が聞こえる気がするのだけど、どうなんだろう。そのせいか、その後の音が、水の中に潜る瞬間みたいな、大きく息を吸い込む音に聞こえる。で、イントロのカッコいいギターリフ。1オクターブ違いで同じフレーズを弾いていて、抜かりがない。

 

♪愛されたいならそう言おうぜ

思ってるだけじゃ伝わらないね

永遠の淑女もそっぽ向いて

天国は遠く向こうのほうへ♪

の部分、思っての「お」、永遠の「え」、天国の「て」が、1つ前の小節から入るので、その前のめり感が中毒性あります。

この曲でも、愛されたいならそう言おうぜって、まるで米津さんが自分自身に言っているようで、そこが女子キュンポイントな気がします。

 

MVの中で、米津さんがダンスをしているのですが、リズム感がすごい。

一見ただ、だらだら踊っているようで、足が曲のリズムと合った動きをしています。

 

 

何度聴いても見てもカッコいい。

「鳥にでもなりたい」と「鳥になって」

米津玄師さんの「鳥にでもなりたい」。

この曲名を最初に聞いたとき、スピッツ?!と思ってしまいました。

スピッツには「鳥になって」と「猫になりたい」という曲があります。この2つをくっつけたようなイメージを持ったのです。

 

スピッツ「鳥になって」

鳥になって

鳥になって

♪僕を連れて行って僕を連れて行って♪

 

 

 

米津玄師「鳥にでもなりたい」

鳥にでもなりたい

鳥にでもなりたい

  • 米津玄師
  • J-Pop
  • ¥250

♪ねえねえねえ連れてって!連れてって連れてって!♪

 

 

 

という部分が一見似てます。

 

しかし、スピッツの方は、君が鳥になって僕を連れて行って。と言っています。どこに連れて行くのかといえば、スピッツ特有の独特な表現なので断言できませんが、エロの世界かなと。でも、なかなかうまくいかない、こんなこともあるだろう、そして喋りつづけてる。

 

一方、米津さんの方は、あなたの生まれたあの街の中や、あなたを育てたあの部屋の中に、あたしを連れてってと言っています。今まで強がって生きてきた女性が、誰かを愛し愛されたいと願う切ない気持ちを歌っています。

♪誰彼すがらず生きてきたの

だけど今日は寂しいが募る日になって

悲しいで満ちる夜になって♪

という部分が、とても切ないです。

女性目線ですが、米津さん自身がそう思っているように感じられ、そこが女性ファンの母性本能をくすぐるように感じます。

 

 

米津玄師さんは、スピッツ主催のライブイベントにも参加したことがあるし、インスタライブでスピッツの「桃」を歌ったみたいだし…と何かこじつけたかったけど、オマージュソングやアンサーソングってわけではなさそう。

 

ロック大陸漫遊記「え?そんな意味だったの?」〜備忘録

草野マサムネさんのロック大陸漫遊記、今週は

「え?そんな意味だったの?で漫遊記」

 

M1 : Stratagem / Eric Johnson

M2 : Beat It / Michael Jackson

M3 : Dreaming / Blondie

M4 : A Man I’ll Never Be / Boston

M5 : One Night Love Affaire / Brian Adams

M6 : 哀愁のマンデー / The Boomtown Rats

M7 : Air Guitar / McBUSTED

M8 : Let’s get Together / THE RYDERS

 


先週のお詫びをするため、すでに収録してあったはずの冒頭を、律儀に取り直してくれたマサムネさん。エリックジョンソンさんの曲をもう一度かけてくれました。

 

Beat It

打込み曲かと思ったけど、マサムネさんが何も触れないということは、打込みじゃないみたい。Beat It は、「逃げろ!」という意味らしく。え?でした。

 

Dreaming

明るく爽やかな前向きな感じの曲調だけど、歌詞のDreaming is freeは、「夢みるのは、ただ(無料)」というドライな歌詞らしい。ドラム音が大きめなのが、ドライさを表現してるようにも聴こえる。

 

A Man I’ll Never Be

「遥かなる想い」って日本語のタイトルの付け方が悪いのでしょうか。なぜその日本語タイトルにした?って曲、よくありますよね。

 

One Night Love Affaire

え?って感じはないです。そのまま。遊びのつもりが本気になっちゃったって感じです。夏祭りで初めて手を繋いだ感じって思ったマサムネさんがピュアすぎ。

 

哀愁のマンデー

I don't like Monday.ピアノの音が美しい曲。まさかの銃乱射事件を起こした女子学生の動機だったとは。かなり、え?です。

 

Air Guitar

McBusted - Air Guitar - YouTube

いい曲です。冴えない自分だけど、エアギターしてるときはスターだぜ!妄想力強めなポジティブな曲。かなり好きです。洋楽でもこういう曲もあるんだと、いい発見でした。スピッツも常々こういう曲を作りたいと思っていると言ってました。たしかに、スピッツもそんな風な歌詞が多い。次期アルバムにも期待。

 

ちょっぴりタイムマシンの前に、ベビーフェイスのイントロを、ZO-3で弾いてくれました!スピッツファンにはお得な番組です。

 

Let's get Togeher

マサムネさんにとって、再生回数の常に上位を占めてる曲らしい。やる気が出る曲らしいです。ちょっとブルーハーツっぽいパンク曲。

 

 

マサムネさんいわく、洋楽を自由なイメージで聴けるのも、英語力のない日本人の特権かも。だそうです。ポジティブ!

「ゆめくいしょうじょ」「Black Sheep」、飲酒と声、ライブを見てから気になってたこと

毎日、米津玄師さんの曲を聴いてます。最近はシャッフルして聴いているのですが、ハズレ曲がひとつもないので、次にどの曲がきても、最高に嬉しい。

声が、本当に素敵!吉田拓郎さんが「声に嫉妬する」とラジオで話してけど、歌い手なら当然そう思っちゃうだろう。

だから、その奇跡の声を大切にしてほしい。米津さんの声は代わりのきかない貴重な楽器。

過度な飲酒は、声への影響があると思う。今回のライブ、喉の調子があまりよくないみたいだし。心配だ…。飲酒は適度にしてください。

 

今日聴いた曲について。

「ゆめくいしょうじょ」

この曲は、落ち込んでいる時に聴くと、泣けてきます。この曲が優しく寄り添ってくれます。

♪君の悪い夢も

私が全部食べてあげる♪

特に、アカペラになる部分。アコギを叩く音と、米津さんの声が響き、より強調され、心にぐっときます。

ゆめくいしょうじょ

ゆめくいしょうじょ

  • 米津玄師
  • J-Pop
  • ¥250

 

「Black Sheep」

この曲の面白いところは、何を言っているのかわからない歌詞部分。歌詞カードに書いてある内容と、歌ってることが違う。いまだに何と言っているのか分からず、謎のまま…。

Black Sheep

Black Sheep

  • 米津玄師
  • J-Pop
  • ¥250

 

ここから、少し今回のライブの話になってしまうので、少し下げます。

#

#

#

#

#

#

米津さんのライブで、太鼓隊をしていたのは、“鼓和-core-”というマーチングドラムクリエイティブ集団。

http://core-percussion.com/

「Lemon」のとき、レモンの香りを放出させていたのは、“株式会社グローバルネットプランニング”という香りの演出を専門とする会社。

http://www.gnp-group.jp/

ライブ参加後、この2つがずっと気になっていて、ようやくわかりました。

米津さんのライブ、こういうところに目を向けて、いち早く取り入れてて、センスいい!

ロック大陸漫遊記「ギターインストで漫遊」~備忘録

日曜日の放送分、ようやくタイムフリーで聴けました。

ギターインスト、超かっこよかったです!

 

オンエアリスト

M1 : ただ春を待つ / スピッツ

M2 : Into the Arena / Michael Schenker Group

M3 : Eruption(暗闇の爆撃 )/ Van Halen

M4 : Lester Leaps In /The Monochrome Set

M5 : The Hunt / Tommy Emmanuel

M6 : Stratagem / Eric Johnson

M7 : ワイスハイム / RAINBOW

M8 :Sacred Field / Tak Matsumoto

M9 :SAUDADE / 高中正義

 

マイケルシェンカーグループ

ギターのいろんな音が満載な曲。以前もさきちゃんセレクトで別の曲をかけてくれたけど、歌が入ってないのも、とにかくカッコいい。指運の練習にも良いそうです。

Michael Schenker Group / Into the Arena - マイケル・シェンカー・グループ / イントゥ・ジ・アリーナ(ロック・パラスト 1981) - YouTube

 

ヴァンヘイレンのタッピング、すごい。タッピングって難しいイメージがあります。マサムネさんが弾いてくれたZO-3ギターでのタッピングもかっこよかった。

 

スピッツファン歴が浅いので、モノクロームセットの曲がスピッツライブのSEにかかってた頃を知りません。とても残念。明るくてハンドクラップも入ってて、不思議なワクワクするようなひょうきんな曲です。マサムネさんは、お笑いの出囃子とかでも使えそうな曲と言っていました。

THE MONOCHROME SET "Lester leaps in" - YouTube

 

トミーさんのアコギ、すごい。メロディー、伴奏、打楽器を一人でこなしてる。強弱の付け方が情熱的。

 

エリックジョンソンさん、好きな音です。残響系がかかってる?高音の突き抜ける音。訂正BGMと曲の雰囲気が似てるような。

※今回、エリックジョンソンさんの曲をかけるところで、なぜか別の曲がかかってしまっていたようで、訂正。radikoのタイムフリーでは、その訂正部分でBGMが流れていたんです。木管楽器のような落ち着いた音のBGMでした。このことについて、マサムネさんもオンラインメンバーズのス箱で語ってました。

Eric Johnson - Stratagem - YouTube

 

ワイスハイム、ピアノとギターのサウンドが独特です。遠足が延期になった雨の日に、中学生のマサムネさんは、この曲をずっと聴いていたとのこと。ピアノが雨の音のように聞こえます。このギターの音は、あまり好きな音ではないのですが、この楽曲の世界感を表すには、とても合っていると思いました。そして、途中からバッハ。不思議な曲でした。


まさかのTak Matsumoto。「ミュージックステーションの曲、いまだに聴くと憂鬱になる。」と言いつつ、ZO-3で弾いてくれました。

ミュージックステーションで「みなと」の歌い出しを間違ってしまった事件をマサムネさんは忘れられないようです。

Sacred Field、松本さんっぽいかっこいい曲。打ち込みっぽいとのことです。未だはっきりとこれは打ち込みって区別ができない。


音楽がやりたいとか歌が歌いたいのではなく、「バンドがやりたい!」って思った中学生のマサムネさん。今もそれは続いているんですね。


来週は

「え?そういう意味だったの?」で漫遊記。スピッツの曲で、そういう意味だったの?と思ってみたいものです。数あるスピッツ謎曲の本当の意味は、マサムネさんしか知らないんですよね。教えてほしい。初期の曲、ほんと意味がわからない。

米津さんの手とマサムネさんの手。曲のこと。

米津さんの手は、とても魅力的。女性のような細くて長い指。ミッツさんも以前おっしゃっていて、私と同じところ見てる!って嬉しかったです。

 

一方、私の好きなもう一人のアーティスト、スピッツ草野マサムネさんは、見た目は中性的だけど、手は男らしくわりと指も太くごつくて、ちょっと意外です。彼の両手には、ますかけ線があるんですよ。

 

二人とも才能に溢れてる。

私は幸せな時代に生まれたなって思います。

 

さて、スピッツ情報。

スピッツの新曲「優しいあの子」

が4月からNHKの朝ドラ「なつぞら」の主題歌になるそうです。

ヒロイン広瀬すずさんとは二度目。すずさんが出演した映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」の主題歌がスピッツの「歌ウサギ」でした。

さらに、岡田将生さんとも二度目。岡田さんが出演したドラマ「不便な便利屋」の主題歌がスピッツの「雪風」でした。

 

「優しいあの子」ならぬ「優しいあの娘(こ)」という歌詞が含まれているのは、「ウサギのバイク」。マサムネさん、このフレーズ好きなのかな。

 

どんな曲なのか今から楽しみです。世間の期待を裏切らない、スピッツっぽい曲なのか、えっ?これスピッツ?という意外性のある曲なのか。私は断然、後者のほうが嬉しい。けど、今回はたぶん前者かなあ。で、その後、出されるであろうアルバムの中に、ガツンとトゲったスピッツを見せてくれるだろうと期待。ギターがめちゃくちゃカッコいいの、希望。

 

最近、米津さんの曲ばかり聴いているけど、久々にスピッツを聴いたんです。「若葉」という曲のギター、好きなんですよね。スピッツっぽいメロディーなんだけど、バックでエレキギターが泣いてる。エレキギターの感情が高ぶっていて、カッコいいんです。自然と涙が滲んできます。

スピッツ / 若葉 - YouTube

 

米津さんの曲で最近よくリピートしてるのは、「笛吹けども踊らず」「懺悔の街」。

笛吹けども踊らずは、「さぁっ!」「なぁっ!」を聴きたくて、何度も聴いてます。とくに、「なぁっ!」のあの言い方、大好きです。言われたい。

笛吹けども踊らず

笛吹けども踊らず

  • 米津玄師
  • J-Pop
  • ¥250

懺悔の街は、ギターですね。エフェクトが思いっきりかかったギターリフがたまりません。あのエフェクトは何を使っているのか知りたいです。

懺悔の街

懺悔の街

  • 米津玄師
  • J-Pop
  • ¥250

米津さんは歌詞でいいなと思うのは、「vivi」の

悲しくて飲み込んだ言葉

ずっと後についてきた

苛立って投げ出した言葉

きっともう帰ることはない

ってところですね。深いわけじゃないけど、わかるーってなります。

 

 

 

今日見たテレビ番組

頭脳王という番組を見ました。

この番組、いつもつい見ちゃうのだけど、脳レベルがすごすぎて、私は笑ってしまいます。本当に人間の脳?よくできたAIなんじゃないかな〜。

河野玄斗くんと木戸直人くんの決勝戦

二人とも頭がいいだけじゃなく、カッコいいのです。すごいですよね、何でも持ってる。私は木戸くんの方が、かわいくて素朴で好きなタイプです。

 

さて、話は変わって

今日のミュージックステーションあいみょん、カッコよかったです。上下黒のパンツスタイル。マリーゴールドを最初弾き語りバージョンで歌い、途中から通常バージョンになりました。サポートのエレキギターのフレーズ、真似したくなりました。最新アルバム「瞬間的シックスセンス」から、新しい曲を歌うのかと思ってたので、ちょっと拍子抜けしました。